家電 パソコン を中心に日々の日記に音楽&写真をUPしています。
2010/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私の想いは綺麗事に聴こえますが、
この地球のみんなが大きな争いの無い平和な世の中です。
そんな事心の中でみんな想ってるよが、本音かもしれません。
でも、今話題になってる、米軍の基地に囲まれて暮らしてる、沖縄の人を含めての人々は、毎日が不安の中の暮らしだと思います。何故私なんかが口出しをするかは、基地の街に子供時代に住んで居ました。
終戦直後から間もない時期で、静かな田舎の皆が寝静まった、真夜中を米軍の水兵の若者が、爆音を鳴らしてオートバイで国道を走り回っていました。幼児の時ですから、其の音に目が覚めては震えていました。
何度も米兵のスピードの出しすぎで、事故って川に転落をして命を落とす事も一度だけではなかったようです。
在るとき、おそらく60年安保の決議の時に、小学校の自分たちの担任の教師が、
テレビを視聴できる教室で国会の中継を見せてくれました。確かに其の画面には
議員がもみ合っているのを見ましたが、当時はそんなに大きな意味は判りませんでした。でも、原子力空母や原子力潜水艦の寄港の時は何が起きるか不安で1杯でした、あの時代には学生が沢山乗り込んできて、怪我をしてでも阻止しようと警備人と押し問答していたのを見て、何故こんな事態を起してるか考えました。其の当時はベトナム戦争の真っ最中で、もしも日本国も有事に加担するような事になれば、真っ先に戦いに駆出されるのは学生であった事です。真意は分からないが、そんな意味では、当時の学生は勉強どころではなかったのかも知れない。

 今回の普天間基地問題は、相当の見解の相違が基地を持つ沖縄県民や徳之島住民と鳩山首相の間には在るようだ。
鳩山さんは何度沖縄へ足を運んだんですか?、どれだけの事を勉強や調査をされたのでしょうか、
本当にメディアが伝えるように、場当たり的な思索で動いていて、国家を守る役目は勤まりませんよ!
何故専門の見識者や内閣の閣僚ともっと満に意見や聞き取りして、施策案を考えなかったのか、周りの取り巻きもちぐはぐで、統制が取れてなさそうです。放漫な政治と云われても仕方が無いですね。
折角にアメリカまで国費で飛んでいって、モノの10分のオバマ会談はなかろう、一国の長としての自覚無さすぎです。本当につらつらと色々と書きたい事ばかりですがここで止めときます。
一個人の考えを書き留めました。この記事でご気分を損ねたお方は読み捨ててくださいね。
宜しかったら、此のブログの応援をいただけましたら今後の更新の励みになります。
  ☆人気ブログランキングへ     ☆にほんブログ村 PC家電ブログへ     ☆   ☆
人気ブログランキングへ ☆にほんブログ村 PC家電ブログ ☆FC2 Blog Ranking  ☆ブログセンター
                          ご訪問頂きありがとうございます。
               
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。