家電 パソコン を中心に日々の日記に音楽&写真をUPしています。
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青梅吉野梅郷祭り20140316A
 吉野梅郷公園から、吉川英治記念館へ向かう途中に石碑がありました、


お地蔵様の近くに芭蕉の句書かれていましたが、風雨かで読めませんでした。


20分位歩いて記念館にたどり着きました。 入場料払って御庭拝見


青梅吉川英治記念館-220140316A

青梅吉川英治記念館-3-20140316A

青梅吉川英治記念館-4-20140316A

青梅吉川英治記念館-5-20140316A


青梅吉川英治記念館-6-20140316A
 此の石段を上がり、樹齢何百年の椎の木の大木を通りすぎて、行くと、吉川英治の展示館が在りました。


思いドアを引いて中に入ると、ビデオ鑑賞されてる人々が数十人、館内を右へ奥行きが深い展示室へ


ほとんどが、宮本武蔵の作品に関わる展示物でした。


私の興味をもって見た物は、剣法の図鑑入りの絵巻その他の巻物が5=6点在りました。


作品の原稿、その他奥さんや両親との手紙や写真等々  当たり前ですが、 室内展示場は撮影禁止でした。


青梅吉川英治記念館から書斎&母屋を望む-9-20140316A

青梅吉川英治記念館書斎-7-20140316A 

和洋折衷な拘りを持った佇まいな書斎 此処で雨風や小鳥や虫の音を聞きながら、筆をしたためたんでしょうか。

枝垂れの花は開花して無くて、残念でした。今頃はつぼみも大きく膨らんでいることでしょう。

全館の入り口は特製の青と白のタイルが敷き詰めて在りました。

青梅吉川英治記念館庭園から書斎&母屋を望む-10-20140316A
此の敷地に入ると、懐かしいあの昭和の時代へと、タイムスリップしてしまいそうです。


青梅吉川英治記念館庭園から書斎&母屋を望む-11-20140316A

 庭は良く手入れが、行き届いていて、先月の残雪も少なくて、見学できた。

一時代の文豪の栄華を梅が咲く里で、此の脚で敷地を歩み日本人で良かったと想う。
  ブログランキングに参加させて頂いています。宜しければ応援頂けると励みに成ります。  
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ     blogram投票ボタン      
       
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。